消費者金融審査

MENU

消費者金融の審査は厳しい?

消費者金融を利用する際、初めてであってもなくても審査に通れるかというのは誰もが気になるところです。銀行カードローンよりは通りやすいと言われていますが、審査のプロセスは銀行でも消費者金融でもほぼ同じです。ただ重視されるポイントが金融会社ごとに異なるため、申込者の置かれている状況や環境などで通りやすいところがあったり通りにくいところがあったりします。

 

また、総量規制によって借入可能な金額が年収の3分の1までと定められているので、審査に通ったとしても希望通りの借り入れができるわけではありません。とはいえ消費者金融の審査通過率は金融業界でも抜きん出ており、申し込みと審査のポイントを押さえることで融資してもらえる可能性を上げることは可能です。

 

ここではプロミスをメインに紹介し、審査のポイントや避けるべき行為、審査に落ちたときの対処法、商品のメリットとデメリットなど、利用する上で必要な情報をお伝えします。

 

申し込む前にまずは準備を!

どこで借りるかを選ぶ段階で商品を比較するために、ある程度はその商品の特徴を把握しているかと思います。

 

しかし比較するために得た情報だけで申し込むのは、あまりおすすめできる行為ではありません。申し込みに必要なものや条件、返済方法などもよく調べて本当にここでいいのか最終チェックを行いましょう。


申し込み条件を満たしているか

プロミスの申し込み条件は、満20歳~69歳までの安定した収入がある人となっています。この条件に当てはまれば学生や主婦でも申し込むことが可能です。

 

しかし収入が安定していない業種だと、年収が高くても不利になることがあるので注意が必要です。

 

必要なものはそろっているか

審査で必ず提出しなければならない、必要書類をそろえておく必要があります。必要書類とは「本人確認書類」と「収入証明書」です。本人確認書類には、運転免許証や保険証、パスポート、また最近ではマイナンバーカードなどのコピーが利用できます。収入証明書は、直近2カ月の給与明細や最新の確定申告書などのコピーが必要となります。

 

収入証明書に関して、消費者金では50万円以下の借入あるいは他社を含めた借入の合計が100万円以下である場合に限り収入証明書の提出は原則不要です。

 

しかし場合によっては収入証明書の提出を求められることもあるので、用意しておいたほうが良いでしょう。

 

返済プランは立ててあるか

借りる金額と予想金利、そして返済方法や返済方式などからある程度の返済プランを考えておくことはとても重要です。

 

プロミスで利用できる返済方法は、自動引落とし、インターネットバンキング、ATM返済、銀行振込などがあります。自動引落としの場合は対応している銀行口座でないと利用できないことがあるため、利用している銀行口座が対象となっているか確認しておく必要があります。それによって返済のしやすさや手間、発生する手数料の有無などが変わってきます。

 

何より完済までの期間や総返済額にも大きく影響するので、スムーズに返済できるように計画しておくと良いでしょう。

 

今までに金融関連の問題を起こしたことはないか

既に借り入れを行なっている場合、返済を延滞していたり債務整理を行なっていたりするとブラック状態となり新規での借入が非常に難しくなります。

 

しかし借入の経験がなくてもブラック情報が登録されてしまうことがあります。例えば、分割払いで買い物をしていると信販会社からお金を借りて購入していることになり、支払いが遅れると返済の延滞と同じ扱いとなってしまうのです。

 

また、近年大きな問題になってきているのが奨学金制度です。日本の奨学金は借金という扱いになっているため、大学などを卒業した後に返済していく必要があります。

 

しかしなかなか就職できない場合、まともに返していくことができずにブラック状態になってしまうことが少なくありません。分割払いも奨学金も総量規制の対象とはならないので、ブラック状態にさえなっていなければ消費者金融を利用すること自体は可能です。

 

プロミスの審査内容は?

金融会社によって重視されるポイントが違うのですが、それがどういったものであるかは公開されていません。それはプロミスでも同様で、申込者はプロミス独自の重要項目を知ることはできないのです。

 

しかし審査はさまざまな審査項目を利用して行なわれます。つまりそのポイントだけを押さえておけば良いというわけではないのです。実際に何がどのように審査されているのか見て行きましょう。

 

申込者の属性審査

属性とは、居住情報や勤務情報、借入情報などといった申込者の個人情報のことです。審査ではまずこれらの個人情報を基に自動審査を行ないます。自動審査はコンピューターが機械的に行い「融資が可能であるか否か」と「融資可能な金額」を判断します。

 

判断は、スコアリングなどの点数で出す方法があり、それらの点数は申込者が記入した情報により算出されます。例えば、職業形態で言えば公務員や正社員は点数が高く、パートやアルバイトなどは点数が低くなります。どれか1つが低いからといってすぐ審査に落とされてしまうわけではありませんが、できるだけ高く保てるようにしておいたほうが有利になります

 

信用情報審査

借入履歴や返済情報またはブラック情報など、申込者の今までの借入に関する情報が記録されているのが個人信用情報機関です。ここに記録されている情報は、審査項目の中でも特に重要視されます。借入金額や借入件数、返済延滞の有無など、借金に対しての申込者の態度や返済能力が一番よく分かる情報だからです。

 

特に返済能力はどこに行っても最重要視されるポイントです。きちんとお金を返してくれる相手でなければ、プロミスどころか他社でも融資は行いません。またブラック情報があるとその時点でまず審査に通りません。ブラックになるのは、頻繁に延滞を起こしたり、債務整理で返済したりと返済額うまく行かなくなったことがあると言うことです。つまり「また同じことをするかもしれない」と警戒されるのです。

 

在籍確認

プロミスでは、電話による在籍確認が行なわれます。これは申込者が本当にその勤務先に在籍しているかを確認するものです。本人が電話にでなくても在籍しているかが確認できれば問題ありません。

 

連絡するときは個人としてかけてくるので、プロミスであると言うことは分からないよう配慮してくれます。それでも電話連絡だと不安だという方は、申し込む際に電話以外の方法で確認を取ってもらえないか聞いてみると良いでしょう。

 

必要書類の提出

本人かどうかを確認するために運転免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類は、第三者がなりすまして申し込んでいないかを確認するために行なわれます。

 

基本的にこれらの身分証明書は本人でないと取得することができません。そのため、申込者が自分で申し込んでいるかや現住所を確認するためにも必ず提出する必要があります。加えて収入証明書の提出もしなければなりませんが、プロミスでは50万円以下の借入あるいは他社との合計100万円以下の借入である場合は原則不要となっています。

 

プロミスの審査は通りやすいのか?

プロミスの審査通過率は約40%前後となっており、消費者金融業界でもそれなりに高いほうです。しかし通過率が高いからといって、あなた自身が審査に通れるかはまた別の問題です。消費者金融によってターゲット層や申込件数などが違うからです。

 

審査通過率はあくまで目安であり、審査に通るために大事なのは「あなたがプロミスの審査基準を満たしているか」です。それを念頭において準備をし、審査に臨むことで審査に通過する確率を上げることができるのです。